意外とできていない楽天のサーチエンジン登録

特に新規店舗さんや、個人店舗さんに多く見られます。

サーチエンジン登録とは?

簡単にいうと、GoogleやYahoo!検索をした時にヒットさせるためのキーワード登録を行うことです。

どこで登録するの?

基本情報設定→サーチエンジンへの登録

こちらから行えます。

RMSではこのように記載されています↓

 

  • このページで、コメント、キーワードを登録すると、ロボット型のサーチエンジン( goo や infoseek など )に検索されやすくなります。
  • コメント、キーワードはページ上では表示されません。

楽天市場の中からだけでなく外からの集客を絶対忘れてはいけません。

外からも集客ができればアクセス人数に大きく変化が生まれます。

オーガニックの検索だからコストもかかりませんね。

入力できる項目が2つあります。

1:コメント

2:キーワード(20個まで)

1は<meta name=”description” content=””>というところに入ります。

こちらはお店のホームページを検索した時に表示されます。

例)

バッグ・雑貨の専門店 ザッカバッグ

http://www.rakuten.ne.jp/URL

当店では熟練の職人が1つ1つ丁寧に鞄や雑貨を作っています。長く親子2代で使用してもらえるよう機能性と強度にこだわっております。

この「当店では~~」の部分がコメントにあたります。

検索ユーザーに自分のお店を説明する箇所なのでとても大事なのがわかります。

単純に「手作りの鞄・雑貨をネット販売しています」

では検索で表示されてもクリックしてもらえませんよね。なのでコメントはしっかりと伝わるように記載してください。

 

2はキーワードです。こんなキーワードで検索でヒットさせたい!と思うキーワードを入れてください。

20個まで可能です。あまり入れすぎると良くないと最近では言われているので20個くらいになっています。

ここで大事なのは、最初からビッグキーワードで狙わないことをお勧めします。

ビッグキーワードの例は「鞄」「雑貨」等のざっくりしたキーワードのことです。

 

キーワードが大きすぎて上位表示なんでほぼ無理です。そして仮に表示されたとしてもユーザーも自分がほしい物をあまりよく分かってないことがあるので

売上につなげることが難しいです。

 

ポイントは「できる限り絞りましょう」です。キーワードは絞れば絞るほどユーザーが求めてる物に近づいていきます。

よって転換率は高くなります。転換率とは何人お店にきて、何%の人が購入まで至ったかの数字です。

 

キーワード登録では最初はできるだけ絞ったキーワードを登録しましょう。

例)鞄 ビジネス , 鞄 旅行用

最近では複合キーワードで検索する傾向が多く見られるので3つのキーワードくらいまで絞ってみても良いと思います。

今一度お店の「サーチエンジン登録」が適切な情報になっているか確認してみてください。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ