楽天スーパーセールについて

楽天では昔は半年間に一度でしたが、今は3ヶ月に一度のペースで
「楽天スーパーSALE」というのが開催されています。

楽天が行うイベントを整理してみましょう。

1:月1回のペースで行っている「買い回りイベント」いわゆるお買い物マラソン等です。
2:月3回のページで行っている「楽天スーパーSALE」
3:月の中で48時間ポイントUPや水曜日ポイントUP等の単発的なキャンペーン

主にこの4つのイベントによって楽天側はモールを運営しています。

おそらく多くの店舗さんがやってるのは知ってるけど「特になにもしてないし力を入れていない」
というのが現実なところだと思います。

いろいろ言いたいことはありますが、今回は日が近いのでスーパーセールに関してになります。

楽天スーパーSALEは是非参加してほしいです。

なぜかと言いますと、お買い物マラソン等ではCM告知等を行いませんが、楽天スーパーSALEはTVCMや、メディアへの発信、CPC広告等の広告予算を使うためです。

リピーター、楽天会員はもちろんのこと、全く新規のユーザーまでに告知が
いきわたるのでものすごく楽天モールに人が訪れることになるのです。

ということは「いつもより新規が獲得しやすく、売上があがりやすい」ということになるのです。

訪れる絶対数が増えると自分の店にくるユーザー数も当然増えます。
これが他のイベントと大きく違うところになります。

でもレビューそんなにないし、広告も打てないし結局上の店舗とかが売れるだけでしょ?
こんなことも良く聞きます。それはそうですが、そうでもないという感じです。

是非楽天スーパーSALEで店舗さんにやってほしい事を今日は記載しておきます。
これは広告に出してくださいというものではありません。

楽天スーパーSALEでは大きな特徴として「10%OFF検索サーチ」「50%OFF検索サーチ」というのが一時的に設置されます。
これはどうゆうのかというと、通常販売価格から10%OFFの値段設定をして商品申請(もちろん無料)すると開催期間中に「10%OFF検索サーチ」に御社の商品が掲載されますよ!というものです。

これをなぜしてほしいかと言いますと、楽天スーパーSALEではほとんど8割9割くらいのユーザーがこの期間中はこの専用サーチで商品を探すためです。

なので何もしてない店舗さんは特に何も変わらない結果のままという事になるのです。
ここの検索サーチに商品を載せるだけでいつもより必ず多くのお客様が来店してくれます。

ちなみに下手に広告を購入するよりかは、もう売り切ってしまいたい商品を「50%OFF」にして50%OFF専用サーチに掲載するほうがよっぽど集客ができます。

いわゆる客寄せパンダです。

なぜかと言いますと「50%OFF」できる店舗さんや商材なんてほとんど無いからです。
だからここに載せると多く集客ができるということになります。
ただし、客寄せパンダ商品で沢山集客できても「他の商品も見てもらう」ことをしないと意味が無くなるので
必ず「お店の中をユーザーが快適に見て回れるような店舗作り」を行ってほしいと思います!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ